アフリカ ギニア ボッソウ村での「緑の回廊プロジェクト」滞在記 準備編(6)

【京都大学霊長類研究所 松沢先生を訪問する】2005年8月15日 Part2

この日、(松沢)先生にお昼ご飯までご馳走になってしまいました。
犬山の名物らしいんですが、豆腐の田楽の定食を出しているところがあるということで、先生の車で連れて行って頂きました。
結構、有名なお店らしく駐車場は車でいっぱい。お店は古くから営業されているような、まるで町屋のような建物。
その中で多くの方々が食事中。我々もその中に混じって食事を頂きいろいろな話を伺いました。
ギニアでの生活、チンパンジーのことなどなど。松沢先生とお話ししていて、
徐々にギニアへ行くのかなぁ・・・と少しずつ実感がわいてきた。そんな感じです。
松沢先生に別れ際に「長谷川さんは外国語は?」と聞かれ、
「英語は何とかアップアップでも会話ができますが・・・大学でドイツ語は習いましたが会話はとても・・・」
と答えると・・・「向こうはフランス語圏ですから是非ともフランス語に慣れてください」と先生。
フ、フランス語ですか・・・長年学校で習ってきた英語でもろくに会話ができないのに?
習ったこともないフランス語・・・不安だなぁ・・・
でも、「なかなか行けるようなところではないですから・・・。素晴らしいところですよ」とすてきな笑顔で先生に言われてしまうと、
「確かにその通りだなぁ」と思ってしまいました。
でも、フランス語かぁ。語学、苦手なんだよなぁ、と不安がまた増えた気がする一日でもありました。

 松沢先生にはボッソウのチンパンジーに関する論文集と、
松沢先生がお書きになった「進化の隣人 ヒトとチンパンジー」(岩波新書)まで頂きました。
論文集は専門的なもので、さすがに植物に関するところをちょっと目を通した程度ですが、
進化の隣人 ヒトとチンパンジー」(岩波新書)は完全に読破。
とてもわかりやすく、とてもおもしろい本でした。
興味のある方は是非とも読んで頂きたいです。
松沢先生をはじめとして、霊長類研究所の方々はチンパンジーを数えるときには○人と数えておられました。
進化の隣人 ヒトとチンパンジー」(岩波新書)を読むとその気持ちが十分に分かるような気がしました。

テレビで放送されている「志村動物園」という番組を皆さんはご存じでしょうか?
時間的にとてもみられる時間ではないのですが、ビデオを撮ってみています。
チンパンジーのパンくんと犬のジェームスくんのお話ですが、とてもおもしろく、驚きでいっぱいのコーナーがあるんです。
チンパンジーの知識レベルの高さと、想像力の豊かさには驚かされます。
犬のジェームス君もかなりの賢さ・・・ヒトとして見習わなければならないところも多くあるような気がします。
進化の隣人チンパンジー・・・チンパンジーにいつか追い越されて「猿の惑星」のような世界にならないように、
ヒトがヒトとしてあるために何をすべきか・・・少し考えさせられます。
ちなみに、「パン君」は松沢先生にとってNGワードであるらしいです。
研究しておられる方に伺いました。
あれはチンパンジーの知識レベルの高さはうかがい知れるが、チンパンジーがチンパンジーらしく生活できる機会を失っている、
ということらしいです。たしかに、パン君が野生に戻れる気はしませんねぇ・・・。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です