アフリカ ギニア ボッソウ村での「緑の回廊プロジェクト」滞在記 滞在編(2) ギニア・コナクリ空港に到着

2005年12月12日

現地時間、夕方の4時頃にパリを発って、夜9時頃にギニアはコナクリ空港に降り立ちました。

飛行機の中から早くもカルチャーショックでした。
アフリカの人ってホントにルールがあってないようなものなのかなぁ、と思うことが・・・
手荷物はたしか12kgまでと重量が決まっています。しかも、預ける荷物も確か20kgまで。
それを越えると超過料金があるはずなのです。にもかかわらず、
かなり大きな荷物を抱えて飛行機に乗ってくるんですよね
(追加料金を払っているのかも知れないけれど・・・)。

そして、エールフランスだからか、やっぱりモニターの調子が悪い席があるのです
(JALとか日本の飛行機ではそんなことはあんまり聞いたことがないもので・・・)。
その席に座った黒人の女性。モニターを力一杯なぐっていました。これには本当に驚きました。

コナクリ空港に着いてからもカルチャーショックの連続。
飛行機からタラップを下りて空港の滑走路に降りるのですが、まるでテレビで観る大統領や総理大臣と同じです。
入国手続は、それなりにあって、パスポートやビザなどを確認しているけれど、
その奥では荷物を確保しようとベルトの前で場所取りをしている人々が右往左往しているのが見えるような状態。
入国手続きをしている人は軍服を着ています。
独立してから間もなくは社会主義というか軍事主義というかそのような状態の国だったと記憶していますが、
その名残が残っているようなのです・・・

そして、何よりも暑い。
普通、空港って空調が効いていて、寒い国に来たのか暑い国に来たのか、
空港を出てみないと解らないような状態だと思うけど、前述のように飛行機を降りた瞬間外だから、暑い。
パリはしっかり冬だったから、当然、冬の服装をしているのです。だから、余計に暑い。
夏の格好をしていても暑いのに・・・しかも、狭いところに人が密集しているから尚更暑い。
そして、なぜか出国手続きもしていない出迎えの人たちがたくさん入国ゲートの外側(飛行機側)に来ています。
入国審査で待っている人以外のこういった出迎えの人もたくさんいるので余計に暑い。
日本やその他の先進国ではあり得ません。
空港は壁と屋根はありますが、空調などは全くありません。雨、風をしのげる程度のものです。
しかも、この空港暗いんです。
体育会系のクラブに属していた人はわかると思うのですが、体育館の照明をつけて間もなくは薄暗いですよね。
しばらく待っていると徐々に明るくなってくるようなあの感じ・・・その、明るくなる前のような状態なのです。

入国手続きをすませて、荷物を待ちます。
パリから来たばかりのわたしたちは冬服を着ているのでとにかく暑い。
荷物を運ぶベルトの周辺には人だかりができていて、とても近づけません。
搭乗客以外に、荷物をピックアップする仕事をしている人もいるからでしょう。
その大勢の人々の足下をネズミが走り抜けます。
日本ではまずお目にかかれないすごい状況の中、何とか荷物をピックアップした後、我々一行を出迎えてくれる人がいました。
ボッソウで研究をしている人たちのようです。
牛田先生とフランス語で何やら挨拶などしておられましたが
フランス語なのでいったいどんな会話をされていたのかまったくわからず、詳細はわかりません。

トヨタから寄贈されたというランドクルーザーに乗ってホテルへと向かう道は舗装されておらず、
所々に深いくぼみができていています。
そのたび車はスピードを落とし、そのくぼみを避けたり、ゆっくりと乗り越えていきます。
さらに夜も10時を過ぎようかというのに、あちらこちらに人がいます。
ひっきりなしに走る車の隙間をぬって道路を横断しようという人も大勢見かけました。
事故が起きないのが不思議なくらいの混雑ぶりです。
道路には街灯などはなく暗い。そんな中から人が出てくるのです。運転するには恐ろしすぎる交通事情といえます。
道ばたに見える家などは、日本では考えられないような家です。
なぜ、この人たちはこのような生活を強いられるのか、と考えると胸が痛む思いがしました。

しかし、人のことを心配していられるような状態でもありません。
心配していた通りフランス語が聞き取れないのです。
会話どころの話ではありません・・・多大なる不安を抱えながらのギニアでの生活のスタートになったような気がします・・・
しかし、何はともあれ無事にコナクリのホテルに到着してチェックインも無事終了。
ロビーは狭いけれど、思った以上にきれいでこぢんまりとしたホテルで一安心。

夜も遅いので夕食に出かけるのも危ないので、ホテルの1Fにあるレストランで食べることに。
かつてフランス領だったギニア共和国ではフランス料理であったりフランスの食習慣が普通に残っているようです。
ひとしきり食事が済むと、「デザートは?」と聞かれます。
霊長類研究所の女性陣はそれぞれデザートを頼んでいたけれど、もともと甘いものはあまり食べない私。
もうちょっと飲みたかったので「ビエール(ビールのこと)」というと、

「え?」

とウエイターは不思議そうな顔をするのです。
食後に改めてビールを飲む、という行為が理解できないようです。
それでも、「ビエール、シルブプレ」というとしぶしぶ了解したような感じでした。
牛田先生はリンゴか何かから作られたデザート酒を注文されてました。
さすがフランスで生活されていただけあって食後に飲むアルコールも知っておられるようです。
でも、やっぱり私はビールが一番、です。

さて、あとはゆっくり眠れるかどうかはわかりませんが、とりあえず眠ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です