アフリカ ギニア ボッソウ村での「緑の回廊プロジェクト」滞在記 準備編(最終) マラリア予防薬を求めて右往左往する

2005年11月21日

ギニア共和国に限らず、熱帯の地域ではマラリアが流行しているので、薬を飲んでマラリア予防することになります。
長期滞在される方の中には飲まれない方もおられるそうですが。
その薬は、マラリアの予防と治療に使用されるとのこと。
日本で認可されているのはまだ「メファキン」という薬一種類だけ。
そんじょそこらの病院に飛び込んで、「メファキン下さい」っていっても出てくるものではないそうです。
しかも、この薬は渡航する一週間前から服用する必要があるので、そろそろ準備しなければ間に合いません。
そこで、大阪検疫所からもらった医療機関のリストに載っている病院に電話しました。

「あの~、そちらで抗マラリア薬を処方して頂けると聞いたんですけども」
「あ、以前知人に処方したのがインターネットに出ちゃったんですよね。今はやってません。ガチャッ」

さすがに、大阪検疫所でもらったリストだったのであっさり「はい、処方できますよ」
って言ってくれると思ったのに残念。仕方ありません、気を取り直して、大きい病院に電話。

私立の総合病院(T原総合病院)

「あの、ちょっと伺いたいことがあるんですけど・・・仕事でアフリカに行くことになりまして、
マラリアの予防が必要なんですけども、そちらでメファキンを処方して頂けるのでしょうか」
「少々お待ち下さい・・・」(・・・長い間合い)
「あ、先生に確認しないと何とも申し上げられないので折り返し電話いたします」
しばらくして、「もしもしT原総合病院です」「あ、わざわざすいません・・・」
「申し訳ありませんが、こちらでは処方できないとのことなので、保健所の方に問い合わせて頂けませんか?」
「分かりました、お手数かけました。ガチャ」

保健所

「あ、あの伺いたいことがあるんですけども」「はい、何でしょう」
「あのですね、仕事でアフリカに行くことになりまして、マラリアの予防を・・・」「予防接種ですか?」
「あ、いや。服用の薬で予防すると聞いたのですが・・・」「ちょっと待って下さいね」(・・・また長い間合い)
「こちらでは予防の薬の処方とかはやってないんですけども。病院の方に問い合わせてみられては?」
「あ、いやいや。さっき病院に聞いたら保健所の方に聞いてくれと・・・」
「あぁ・・・そうですか・・・じゃぁ、検疫所の方に・・・」
「検疫所からは、病院で処方してくれると伺ったんですが」
「そうですか、じゃぁ、こちらの方で処方してくれるような医療機関を調べてご連絡しましょうか?あまり、期待はできないですけど・・・」
「では結構です。ありがとうございました。失礼します。ガチャ」

たらい回しです。
困ったことになりつつあるように感じます。
仕方ない、と再び気を取り直して、ここは大学病院、と比較的近くの大学病院に電話する。

N県立医科大学付属病院

「こちらでは、予防では処方できませんので。病気になってから来て下さい」
「そうですか・・・失礼しました。ガチャ」

K大学付属病院

「こちらでは、予防では処方できません。病気になって診察で必要となれば処方できますが」
「そうですか・・・失礼しました。ガチャ」

散々、あちこちに電話して回って、結局、検疫所からもらったリストにあった医療機関(大阪市立総合医療センター)で処方して頂けることが判明。
ここにたどり着くまでが長かった。
基本的に病院では予防のために薬が処方されないのだということがよくわかりました。
でも、処方してくれるところが見つかって一安心です。

2005年11月22日

ようやくマラリア予防薬である「メファキン」を大阪市立総合医療センターにて処方して頂きました。
薬では副作用があるのは当然ですが、いろいろ副作用について書かれており、すこし心配。
でもマラリアに感染しては元も子もないので来週あたりから服用開始です。
いよいよギニア渡航も近い、という感じがしてきました。

2005年11月30日、この日、ギニア渡航費用を旅行会社に振り込みました。
いよいよ、もう逃げられない、というところでしょうか。

2005年12月6日

いよいよギニアへの渡航用のビザを取得いたしました。
パスポートを旅行代理店に送り、代理でギニア大使館にてビザを発行してもらってパスポートに貼り付けて押印。
なかなかパスポートが返ってこないので心配していました。
週末には出国というのに、本当に間に合うのだろうか、とドキドキしてましたが、なんとか無事にビザを取得。
日本のパスポートを持っていればビザ申請なしに入国できる国が多くなっている今、ギニア共和国は未だにビザが必要です。
わたしは、これが初めてのビザの取得となりました。
ビザと伴にボーディングパスも送られてきました。
これがないと、帰ってこれないので、これだけはなくさないように気をつけなければ・・・
寅さんのように腹巻きでもして、常に持ち歩くくらいの気持ちがあっていいかもしれませんね。
いよいよ、今週末から旅立ちです。準備期間が長くて、「いよいよ」が何度もありましたが、本当にいよいよです。